無職、漫喫ブログ

無職を満喫する隠居ブロガー

「自分に自信がない」という人に知って欲しい考え方。自信のつけ方

「自信がないんだ…」

 

相談を受けているとたまにそんなことを言う人がいます。

でも、わたしは思うんですね。

 

「そもそも自信って必要?」って。

「自信がないからチャレンジできない」と悩んでいる人に知って欲しい考え方をご紹介します。

自信はものごとの勝敗、成否に関係ない

「自信がない…」と嘆いている人はたいてい何かに挑戦しなければいけない状態にある人だと思います。

つまり自信がないとは「挑戦して成功する(勝利する)自信がない」ということです。

 

しかし、ちょっと冷静になって考えてみて下さい。

自信って勝敗にそんなに関係あるでしょうか?

スポーツを例にするとわかりやすいかもしれません。

 

プロスポーツ選手はそりゃ、当たり前にみんな自信をもっています。

でも勝敗を分けるのって自信よりも「実力」があるか否かのその一点のみですよね。

自信があるとかないとか、そんな気持ちの問題が入り込む余地はそうそうないように思われます。

 

例えばどんな自信がない選手がいたとしても、めちゃくちゃ才能があれば勝利してしまうでしょう。

また相手が自分より努力もせず、才能もない、つまり実力がなければ、こっちがサボっても勝利してしまうことすらあります。

もっと言えば、実力もないのに自信だけはある人はなんか滑稽ですよね(笑)

 

実力をつくるのはその人の才能と努力です。

いくら気持ちだけ作っても、実力が伴っていなければ成功はつかめません

つまりものごとを成そうという時に、自信という気持ちの問題にフォーカスしてもあまり意味がないのです。

 

しかし、そもそも自信がなければ、その挑戦のステージにすら立てないという人がいるかもしれません。

その場合、必要なのは自信ではなく、正確に言うと「勇気」ではないでしょうか。

勇気は自信のように根拠を必要としません。

 

自信とは自分を信じるわけですから、何かしらの後ろ盾が必要ですよね?

例えば「これだけ練習したら自信が持てる」とか「親に才能があるからきっと自分も」とか。

 

対して勇気は「○○だから勇気が持てる」という代物ではありません。

「とにかくわからないけど、やってみよう!」という気持ちが勇気です。

 

スカイダイビングやバンジージャンプを想像してみて下さい。

飛び出すのに必要なのは自信でしょうか?

いやその場合、自信の根拠となるものが何もありませんから、とにかく「えいや!」と振り切る勇気だけが足を出させてくれるはずです。

 

同じように何ごとも始める前から自信は得られないのではないでしょうか。

はじめは誰でも根拠も、理由も、理屈もない「勇気」を振り絞って挑戦するしかないのです。

 

つまり物事の勝敗や成否を決めるのは、

  • まずそこに飛び出す「勇気」
  • 努力と才能によってつくられた「実力」

です。

 

簡易的な図で表すとこんな感じでしょうか?

成功の秘訣

成功の土台

まずやらなきゃ何もはじまらないわけですが、それに挑戦する勇気が大前提としてあります。

その上に努力と才能があり、実力が支えられています。

成功はこれらの要素によって支えられており、そこに自信は関係ないと思われます。

 

むしろ自信には過信というリスクもあります。

自信は過信と表裏一体。

自信だと思っていたそれが過信だと気づかず、かえって成功の足をひっぱることもあるでしょう。

過信する図

過信のせいで崩れる

だとすれば、最初から自信(過信)を勘定に入れない方が得ではないでしょうか。

実力を支える勇気、努力、才能のうち自分でどうにかできるのは勇気と努力のみです。

自分でできること、変えられること

対して影響もなく、むしろ過信というリスクがある自信について悩むのではなく、もっと影響の大きい「勇気」や「努力」にフォーカスした方が何倍も得なはず。

 

勇気をもって色んなことにどんどん挑戦すると、自分の才能を見つけられる可能性が高くなります。

努力を続ければ、それはもちろん成功へと近づきます。

 

「自分に自信がないんだ…」という人はこの「自信なんて大した役にも立たないから、考えない方がマシ」という考えをぜひ知って欲しいと思います。

自信がなくて不安になったり、悩んでいる時間があったら、自分のできる範囲で手を動かしたり行動したりしましょう。

結果的にその方が自信もつくはずですよ(笑)

それでも自信がない人へ。自信のつけ方

それでもどうしても「自信をつけたい」という人は、他人に褒めてもらいましょう。

もしかしたら「自信なんて意味ない」というこの考え方はちょっとストイックで冷たく感じたかもしれません。

むしろ落ち込んでいる時は、シンプルに励ましてもらった方が良いだろうし、人にはそんな時間も必要だというのは理解しています。

 

身近に友達や家族がいない人は、例えばこのネット社会ならでは「診断ツール」を使って励ましてもらってはどうでしょうか?

ミイダス というサイトには、あなたがもし転職した時の推定年収を診断してくれるツールがあります。

お情け無用!

年収という具体的な数字であなたの可能性を示してくれるので、良い意味でいいわけができません。

 

自分が思ったよりも推定年収が高く「あなたはこのくらい稼げる人材です」と言われれば、それを受け止めるしかないでしょう。

つまり自信を持たざるを得ないのです。

もちろん無料で使えますので、自信をつけたい人は使ってみて下さい。

最後まで登録して診断すると、あなたを評価している具体的な企業まで見ることができますよ。

 

同じ意味で、リクナビNEXT が提供しているグッドポイント診断もおすすめです。

その名の通り、あなたのグッドなポイントを診断してくれるツール。

18個の強みから5個が抽出され、そのパターンは8568通りです。

ポジティブな文言であなたを励ましてくれますよ。

 

もちろんグッドポイント診断はじめ、全てのサービスが無料

職務履歴書を書いておくと、企業からスカウトメールがくるので、定期的に自信を回復できるのでおすすめです(笑)

 

以上「自信がない人に知って欲しい考え方。自信のつけ方」という話題でした。

参考になったらうれしいです。 

ブログトップページへ