無職、漫喫ブログ

無職を満喫する隠居ブロガー

個性的な本をつくる「小さな出版社」まとめ。流行に流されない本

f:id:sohhoshikawa:20210114171059j:plain

新しい本を探すとき、出版社は大きな手掛かりになります。

近年は出版不況ともいわれますが、そんな中でも個性的で読み応えのある本を出版している出版社は多いです。

 

この記事では、そんな個性的な本を出版する「小さな出版社」をまとめました。

会社の規模は定義にいれていませんが、いわゆる大手出版社ではないひとりから数十人規模の出版社をまとめています。

 

小さな出版社が作っている本は、流行の本や話題の本とは少し違うかもしれません。

でも長く読み継がれそうな傑作が多いとも感じます。

ぜひチェックしてみて下さい。

 

夏葉社

2009年創業。

心に残る本を丁寧に作る姿勢が感じられる出版社。

夏葉社は1万人、10万人の読者のためにではなく、具体的なひとりの読者のために、本を作っていきたいと考えています。

ミシマ社

2006年創業。

ミシマ社は「原点回帰の出版社」という理念のもと、「一冊入魂」の出版活動をおこなう出版社です。

ライツ社

2016年創業。

『リュウジ式 悪魔のレシピ』や『売り上げを減らそう』などベストセラー多数

真鶴出版

公式サイト:真鶴出版 | 泊まれる出版社

2015年創業。

主に真鶴に関する本やウェブサイトを編集・出版している。

「泊まれる出版社」ということで、宿泊&街歩き事業も手掛けている。

クルミド出版

2012年創業。 

東京都国分寺市で胡桃堂喫茶店とクルミドコーヒーを営む。

ピチコ社

公式サイト:ピチコ舎

神社巡りをまとめた「神様ノート」の販売がメイン。

ステッカーなども。

ふげん社

公式サイト:コミュニケーションギャラリー ふげん社 | COMMUNICATION GALLERY

ふげん社は、印刷会社が手がけるコミュニケーションスペース。

ギャラリーとブックカフェが一体となった空間を提供しています。

スペース運営に合わせて出版事業があります。

小鳥書房

公式サイト:「たったひとりのための本」を届ける出版社|小鳥書房

2016年創業。

東京・国立市谷保のダイヤ街商店街で営む、小さな出版社と書店。

烽火出版

公式サイト:烽火書房

2019年創業。

烽火とかいて「ほうか」出版。

京都在住の編集者、嶋田翔伍さんによるひとり出版社です。

三輪舎

公式サイト:三輪舎

Amazon:

2014年創業。

「生活のことばをあつめる」出版社です。

おそくて、よい本をつくることをモットーに掲げている

センジュ出版

公式サイト:しずけさとユーモアを ー センジュ出版

2015年創業。

下町は東京都足立区の出版社。

ブックカフェも運営。

 

以上、小さな出版社を紹介しました!

また見つけたら追記したいと思います。

 

出版社以外にもいろんな方法で本を探す方法を提案しています↓

関連記事:次はなに読む?いろいろな本の探し方、出会い方まとめ

ブログトップページへ