無職、漫喫ブログ

無職を満喫する隠居ブロガー

通販にはない、本屋ならではのメリット3選

f:id:sohhoshikawa:20201208090627j:plain

みなさんは本をどこで購入していますか?

Amazonや楽天ブックスを利用している人も多いと思います。

 

実際に、わたし自身もAmazonで買うことはすごく多いですよ。

一方で街中の本屋さんの存在も欠かせないだと思います。

 

利便性だけとったらそりゃあ通販サイトの方が便利ですよね。

ですが、ふと考えてみると、今だからこそ逆説的に本屋ならではのメリットが浮かび上がってくるように思うのです。

そこでこの記事では通販派の方も「本屋行ってみようかな?」と思えるように、わたしなりに本屋のメリットを語ってみたいと思います!

俯瞰的に情報が得られる

f:id:sohhoshikawa:20201208090644j:plain

いちばんの違いは本棚ですよね。

 

本棚に並べられた本の背表紙をザっと見渡すことで、

  • 需要の多いジャンル
  • 関連書籍の多さ

などをざっくりと理解することができます。

 

特に大手の本屋さんならば市場原理(需要と供給)によって、どのジャンルの本をどのくらい置くかが決まっていますよね?

 

例えばミステリーの棚がノンフィクションの棚より専有面積が多ければ、「この街の人はミステリーが好きなのか」といった需要がなんとなくわかるのです。

あるいは供給の側から考察すると、出版社が今売りたいジャンルなのか?といった見方もできますよ。

 

本棚というアナログなアイテムを利用することで、俯瞰的にジャンルを見渡すことができるのが本屋のメリットのひとつと言えるでしょう。

通販サイトのランキングでは流行りの本しかわかりませんし、調べたいジャンルの古典や名著にたどり着けない可能性があります。

 

「検索すれば良いのでは?」と思うかもしれませんが、実際はユーザー側が「検索ワード」を想起する必要がありますよね。

実は通販サイトというのはそのジャンルに対して初心者で、検索ワードすらわからない状態だとなかなか良い本に出会いづらい構造になっています。

 

対して本屋なら、足を運びさえすればズラッと並んだ本の中から、自分の興味に従って実際に手に取って試し読みすることができるわけです。

そう考えるとスマホをポチポチポチポチやっているよりも、かえってスピーディで便利ではないでしょうか?

興味がなかった本とも出合える

f:id:sohhoshikawa:20201208090724j:plain

通販サイトには「この本を買った人はこれも買っています」といったレコメンド機能があります。

これはそれまでのあなたのサイト内における購入履歴や検索履歴から、機械的にレコメンド(おすすめ)を判断しています。

 

しかしながら、情報というのはもっと複雑なはず。

スマホ画面に表示される1冊や2冊程度のレコメンドでは、なかなかたどり着けない本もあるはずです。

 

例えばビジネス本が好きだとして何冊か読んでいても、あなたにとって本当に必要な情報が実はビジネスをテーマにしたコミックエッセイやノンフィクション小説の中にあるかもしれませんよね。

本屋にいって本棚を見渡すことで、頭では興味がないと思っていたジャンルの本でも実際に見てみると、興味がそそられるかもしれません。

 

こうのようにいっけんして遠いと思われていた場所(ジャンル)に良書がある可能性を担保してくれているのが本屋のメリットと言えるでしょう。

 

通販サイトのレコメンド機能は基本的に「新刊」「ベストセラー」に偏っている気がしませんか? そ

りゃあ通販サイト側も商売なのですから、売れやすい本をレコメンドしたほうが良いに決まっています。

つまりレコメンドされる本はサイト内のランキング上位である可能性が高い。

 

しかし今やそのランキングというものがクセモノで、ランキングをハックするワザが業界に広く共有されるようになりました。

著者や編集者がSNSやオンラインサロンでファンをしっかり囲い込む。

著書の予約開始と同時にファンにいっせいに予約してもらいます。

 

するとランキング上位に著書がランクインするというわけです。

いわばAKB48がCDに握手券をつけて、大量にCDを売ってオリコンランキング1位を連発した手法と一緒ですね。

 

結果的に通販サイトでは、書籍の内容に関係なくネット上で人気のある著者の本だけが存在感を増して売れるようになります。

だからレコメンド機能に頼ってばかりいては、わたしたち読み手が本当に必要としている本によりいっそうたどり着きにくくなっているのです。

 

もちろん本屋にもそういった市場原理が存在しないわけではありません。

むしろ最近の大手書店では「Amazonで1位!」を謳った本が平積みを占拠することも珍しくなりなりました。

ですが、個人的には明らかに通販サイトの方が市場原理の圧力が強いと感じています。

 

むしろ通販サイトとSNSを中心とした「ビジネスモデル」が書店の平積みを侵食していっていることに危機感を覚えます。

本屋が単なる通販サイトのリアル版にとどまってしまっていては、これはおもしろくない。

 

矛盾かしれませんが、そういった状態を踏まえると、わたしたちは本屋(本棚)ならではのセレンディピティ(素敵な偶然)を意識して求める必要があるようにも思います。

通販サイトに限らずあらゆるネットサービスには偏り=アルゴリズムがあります。(もちろん本屋にも偏りがあります)

しかし他分野の知識と知識が紐づくことで新しい発見がなされるといった事例は数多く存在していますよね?

 

AmazonにはAmazonの、大手書店には大手書店の、小さな本屋には小さな本屋の…それぞれのアルゴリズムがあるはずです。

 

さまざまなアルゴリズムを自分の中にもっておくことで、偏りを減らし、多様性を担保することができます。

それは間違いなく豊かなことではないでしょうか?

ですから通販サイトいっぺんとうの人もたまには本屋に足を運んでほしいんですね。

 

こころのダイバーシティ。

アルゴリズムの外側へ!(笑)

イベントがある

今どきの本屋の大きな楽しみといえばイベントですよね。

著者のサイン会や握手会やトークイベントなどはやっぱり書店でやるのがイチバン。

 

下北沢のB&Bなどは毎日のようにイベントを開催しており、本屋は広い意味でのコミュニティスペースへと進化してるのかもしれません。

逆に若い書き手の間では「刊行したらB&Bでイベントするのが夢だった」なんて話を聞くことも増えているような気がします。

 

このように一部の本屋はある種の「聖地」のようなブランド化が加速しているように思います。

聖地にはモノだけでなくヒトやコトなども集まるようになりますよね。

そこへ足を運ぶことで、特別な経験ができるかもしれない期待は大きく膨らみます。

 

わたしは以前、B&Bで開催されたphaさんと大原篇理さんと鶴見済のトークイベントに足を運んだことがあります。

鶴見さんの著書は未読だったのですが、お話を聞いことがきっかけで読むようになったんですね。

 

このようにイベントから興味関心が広がり、新しい本に出会えたのは素晴らしい体験だったと思います。

おすすめブックカフェや近所のブックカフェを探せる

以上、「本屋のメリット」をご紹介しました!

  1. 本棚を見渡すことで得られる俯瞰的情報
  2. 本屋ならではの偏り
  3. イベント

といったあたりが本屋のメリットだと考えています。

 

これらを楽しめるのが、やっぱり今ならブックカフェなのかな。

bookcafe.tokyoでは東京のブックカフェを探して見つけることができます。

 

「たまには本屋にいってみようかな~」と思った方はぜひ利用してくださいね。

 

合わせて読みたい:次はなに読む?いろいろな本の探し方、出会い方まとめ

ブログトップページへ